フェレット用サプリメントのげんきいたちは、自社でも沢山のフェレットを飼育しながら、獣医師の協力と相談を受けつつ、フェレットにいいものだけを突き詰めて、混ざり物のない高品質なフェレットのためのサプリメントを作っています。副腎腫瘍、インスリノーマ、胸水、腹水、リンパ腫、心臓病のフェレットと向き合いました。
ホーム若い子・健康な子むけ【保存料・添加物無添加】フリーズドライおやつ(ビーフ)
商品詳細

【保存料・添加物無添加】フリーズドライおやつ(ビーフ)[101]

販売価格: 240円 (税別)
[在庫数 19点]

 

フェレットの体を考えて、保存料や着色料、添加物がはいっていない自然派おやつです。

肉食動物でフェレットに必要のない穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。

フェレットにどんなおやつを与えたいですか?

よく、「おやつは体に悪い」という言葉を見かけます。

これは、あまりに乱暴な言い方で、フードの材料になる鶏肉を煮ただけの物もおやつだし、

ジャンクな味付けのしてある物もおやつです。

 

体に悪い。というと、ペットにとって怖いのは薬品での事故です。

海外で時々報道されるペットのおやつによる死亡事件の原因・・・・それは、ほとんどが保存料食いつきのためにいれた薬剤です。

(日本ではペットの健康は海外ほど報道されないので、そのような事故があってもあまり報道されません)

 

  • どんなものが体に悪い可能性のあるものか?

成分に、以下のようなものが含まれるものです。

プロピレングリコール

保存料(ソルビン酸K等)

グリセリン

エリソルビン酸

発色剤(亜硝酸Na)

着色料(自然成分ではなく着色何号という表記がある)

 

食べて直ちに死亡したり、病気になるわけではありません。

ただ、出来るだけたべさせたくない食品です。

 

飼い主のみなさまが実感されているように、フェレットは解毒が下手なので、薬品で受けるダメージが大きいです。

 

どんなおやつがよいかというと、素材をただ乾かしたもの、ゆでたもの

などが健康によいです。

 

このおやつは、肉食動物でフェレットに必要のない穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。

ビーフは毛艶をよくし、筋肉のつきがよくなるお肉です。

普段チキンベースで生活している子には食いつきがよいおやつです。

 

こなにしてドライフードにふりかけるふりかけ、お出かけのときのお食事、手作りご飯はできないけどお肉をあげてみたい

そんな方でもご利用いただけます。

 

なにより安全ですのでお試しください。

 

原材料牛肉(人間食用の家畜から生産される)、血(牛)、グリーントライプ(牛)、卵、レバー(牛)、心臓(牛)、骨(牛)、ひまわり油、フラックスシードフレーク、昆布、腎臓(牛)、キャベツ、ブロッコリー、チャード(葉野菜)、にんじん、カリフラワー、乾燥昆布、炭酸カルシウム、りんご、洋なし、ニュージーランド緑イ貝、ベータカロチン、ビタミンD、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、葉酸、セレン酵母
成分粗たん白質:29.1%以上、粗脂肪:37.2%以上、粗繊維:3.0%以下、粗灰分:9.0%以下、水分:8.0%以下、オメガ3脂肪酸:0.38%以上、オメガ6脂肪酸:1.1%以上
原産国ニュージーランド
カロリー479.2kcal
対象ステージオールステージ

【保存料・添加物無添加】フリーズドライおやつ(ビーフ)[101]

販売価格: 240円 (税別)
[在庫数 19点]